fc2ブログ

目次

 いらっしゃいませ、作者の三日月まるると申します。
 こちらに目次を載せておきます。作ったほうがいいとアドバイスを頂きました。ありがとうございます。確かに読み辛いですね……
 少し長いので続きを読むをクリックしてくださいませ。
 ご感想はこちらまで。mikadukimaruru@live.jp
 現在リクエストの受付けは休止しています。よしなに。
 更新報告:2019年7月31日、本編第百三話更新予定。同8月31日、本編最終話更新予定。そのほか、生存報告、進捗度合いなどこちらでご報告します。
 本編次話:未定。現在?%。学園編:第三話現在80%ほど。度重なるボツの嵐。ようやくまとまりだしてきたかもしれない。かもしれない。
 生存日記:2019年7月14日、生存報告。大変長らくお待たせしました。今月末に更新します。そして、来月にも更新します。お楽しみに!

 こっそり六十七話改訂。よしなに。

続きを読む »

2019/11/01 12:51 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「ごめんなさい」その百七_最終話_これまでとこれから

 こんばんは、三日月です。
 最終話です。これにて、「ごめんなさい」は閉幕となります。長らくのご愛顧、本当にありがとうございました。
 思い返せば長かったような、短かったような・・・などといったことはやめましょう。
 わたしは、この作品を書くことができて、本当に楽しく、しあわせでした。
 拍手コメントメール、本当にありがとうございました。本当に本当に、嬉しかったです。
 それでは最終話です。どうぞ。

続きを読む »

2019/08/31 00:00 | 小説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「ごめんなさい」その百六_第百三話_お誕生日はおめでたな日

 こんばんは、三日月です。
 いろいろありました。それでもどうにかこうにか、ここまでたどり着きました。
 次回最終話です。来月8月31日更新になります。なにとぞ最後まで、よろしくお願い申し上げます。
 いつも拍手コメントメール、ありがとうございます。
 それでは百三話です。どうぞ。

続きを読む »

2019/07/31 00:00 | 小説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

学園編_目次

 こんばんは、三日月です。
 学園編の目次はこちらになります。続きを読むをクリックしてくださいませ。
 校則募集も一時休止中です。よしなに。

続きを読む »

2018/08/25 18:02 | 小説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「ごめんなさい」その百五_第百二話_露出でお散歩愉しいな

 こんばんは、三日月です。 

 遅れて本当に申し訳ないです。ごめんなさい。これからも頑張ります。 
 作中での季節の移ろいも少しは早くなりましたが、現実は加速度的に増すばかりに感じますね。季節の変わり目、花粉症など、本当に毎日面倒というか、はぁ。
  そんなときこそ露出を楽しみましょうね。そう、お話の中で、特に。
  拍手コメントメール、ありがとうございます。励みになっております。
  それでは第百二話です。どうぞ。

続きを読む »

2018/03/26 20:00 | 小説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「ごめんなさい」その百四‗第百一話‗泉のバースデーネットデビュー

 こんばんは、三日月です。

 夏はホラーよりエロス! だと思うのですがみなさんいかがお過ごしでしょうか。ひとときの納涼にぜひ今回のお話を読んで涼しくなってくださいね。え? 一部分が熱くなる? 逆に考えましょう、それさえ発散できれば涼めると。これで興奮しないし熱くなんてならないよ、と言われたら悲しい・・・頑張ろう。
 お誕生日、祝っていますか? いい年をすると恥ずかしいものですが、しかしお祝い事は乗っかって存分に楽しむとよいと思っています。ハッピーバースデーと言えることはハッピーなのです。
 前回発表しておいてなんですが、いつ頃完結予定かも未定です・・・ごめんなさい。一応の目処と見通しは立ちましたが、どういう結果になるのかはまだ。がんばります。
 次回予告のコーナー! 作中でちょびっと重大発表があるかも。作品内でのことです。
 拍手コメントメール、いつも励みになっております。ありがとうございます。
 それでは第百一話です、どうぞ。




続きを読む »

2017/08/18 21:40 | 小説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「ごめんなさい」その百三_第百話_お菓子あげてでもいたずらされたい女の子たち

 こんばんは、三日月です。
 とうとう百話まで到達しました。これもひとえにみなさまの応援のおかげです。ありがとうございます。
 つきましてはなにか企画を・・・と考えてはいたのですが、現在の作者の状況から無理と判断しました。申しわけないです。
 それはそれとしていい機会ですので、前回言いましたとおり、あとがきでちょっとした発表があります。読んでおいてくださると助かります。
 次回更新もやはり未定です。来月四月からまた少し身の回りに変化もあると思いますので、また生存報告だけは欠かさないようにします。
 拍手コメントメール、ありがとうございます。励みになります。本当に。
 それでは第百話です。どうぞ。



続きを読む »

2017/03/14 22:30 | 小説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「ごめんなさい」その百二_第九十九話_ハッピーハロウィン

 こんばんは、お久しぶりです。三日月です。

 Q、ずいぶん待たせたけど、その分いいものに仕上がっているんだろうな?
 A、平常運転です・・・ごめんなさい。
 Q、しょうがないね。どう、これから定期的に更新できそう?
 A、すみません現時点では不可能と言わざるを得ないです。
 一応、ハロウィン分は書き終わり、今回が前編、次回百話が後編のような形で更新できると思います。そこまでは書けているので、次話は来月更新予定です。
 しかしそれ以降はまたいつになるかわかりません。本当に申しわけないです。
 せめてものハッピーバレンタインです。チョコはありませんがエロはあります。これからもそれしかないです。あといちゃいちゃ、らぶらぶ、とか・・・
 Q、ところで、前回目次になにかクイズ出したんだって? 正解者はいたの?
 A、あれは目次コメント書くときに少し酔っていたようなそうでないような、とにかく勢いで書いてしまったので難易度に難がありまして申し訳ないです。一応、正解者はいませんでした。さすがに適当に過ぎたと思いますので、今後はもうちょっとなにか別の方向でお遊び要素を取り入れていけたらなと・・・
 最後に、次回は百話更新なのでちょっとした発表があります。
 いつも拍手コメントメール、ありがとうございます。こんなでも送って下さる皆様に本当に感謝です。
 それでは第九十九話です。どうぞ

続きを読む »

2017/02/14 19:47 | 小説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「ごめんなさい」その百一_第九十八話_宴の続き

 こんばんは、三日月です。
 大変遅れまして誠に申しわけありません。頑張ります。
 おいしいご飯が食べたいなぁ。いっぱい。あとはそろそろ吹き荒れそうになる花粉が静まってくれたらなぁ。
 コーヒーおいしい。
 今回のお話はちょびっと毛色が違うかもしれません。でも、エロければいいと思っています。エロいかなぁとちょっとだけ不安です。でもまあ、いいかなと。書いていてすごく楽しかったあ・・・
 そろそろ百話ですが特になにも考えてません。なにかするつもりもないです。ただ、ここまで続けてこられたことには感謝しています。まあまあ、その辺は百話更新時に改めて。
 拍手コメントメール、いつもありがとうございます。嬉しいです。
 次回予告のコーナー、はありません。未定でよいのならハロウィンのお祭り騒ぎになるかもしれませんが未定です。
 それでは第九十八話です、どうぞ。

続きを読む »

テーマ : 18禁・官能小説 - ジャンル : アダルト

2016/03/20 19:16 | 小説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「ごめんなさい」その百_第九十七話_深町邸えろアトラクション

 こんばんは、三日月です。本年もお世話になりました。また来年もよろしくお願いいたします。
 さて、これからの更新頻度ですが、どうなるのかさっぱりです。わかりません。これが最後ということだけはありませんが、それ以外に言えることもないです。絶対に『ごめんなさい』は完結させるつもりですが、いつになるやら。また進捗のほうをちょこちょこと生存報告しますので、気長に待っていただけたらなと。
 それはそうと、どうもこのブログ、一時凍結されていたみたいですね。びっくりしました。FC2さんからも誤凍結と連絡がありました。今は解除されているとはいえ、どうしてそうなったかはよくわかりません。まあ、いっか。ご心配おかけしたと思います。
 いよいよ本格的に寒くなってきましたので、みなさまお体にだけはお気をつけください。今年のサンタさんには健康をお願いしました。プレゼントしてくれたような気がします。
 拍手コメントメール、いつもありがとうございます。こんな体たらくに頂けるありがたさ。噛み締めております。
 それでは第九十七話です。どうぞ。みなさまよいお年を。

続きを読む »

テーマ : 18禁・官能小説 - ジャンル : アダルト

2015/12/31 17:13 | 小説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»