FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

「ごめんなさい」その九十七_第九十四話_下着フェチで露出バカな上コスプレも好きな変態の調教の日々

 こんばんは、三日月です。
 毎年毎年、夏がくれば暑い、冬がくれば寒いと、繰り言のように呟くのは最近憚れるようになったのですが、そうはいっても人間、なかなか思うとおりに黙る力というものがありません。辛抱のない、こらえ性のない自分が歯がゆくもありますが、それはさておき。
 夏ですね! いやぁ、あっつい!
 露出には最適ですね!(実際は虫の云々など最適はむしろ春か秋頃のような気もしますが……)
 というわけで作中も脱ぎに脱ぎまくっております。いつもより多めに脱いでおります。多分。
 今回は学園祭ということで、皆さんも学生時代を思い返して読んでいただければなぁと。ああもっと校内を探索していればこんな露出狂もいたかも、と、思っていただければ幸いです。
 そんなわけあるか! ふざけるな! 羨ましいぞ、ぷんぷん! でも可。
 学生時代に後戻りはできませんので、せめて物語の中ではきらめく青春が見たいですよね。そう思って書きました。半分嘘です。
 後戻りできない人生、楽しみたいものですね。
 地上は苦難に満ちている。しかし空は快晴だ……なんの言葉でしたっけ。忘れないようにしたいものです。
 拍手コメントメール、いつもありがとうございます。励みになっております。
 次回予告のコーナー! 次は公園にて一幕にございまする。
 それでは第九十四話です、どうぞ。

続きを読む »

テーマ : 18禁・官能小説 - ジャンル : アダルト

2015/06/21 15:43 | 小説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。